2006年05月29日

【びー・だぶりゅー・れぽーと】について

青柳事務所の発行する【びー・だぶりゅー・れぽーと】を
ご説明します。

ちなみにネーミングは
青=Blue 柳=Willowの頭文字から、「びー・だぶりゅー」

●略歴
①10年以上前から発行のWeeklyベースのレポート
②NY、ロンドン、シンガポール、シドニー、香港等の
 海外在住の日本人の方々にご購読
③延べ購読人数約500人

●特徴
①ギャン理論をベースにしたチャート分析
②ファンダメンタルズは一切考慮せず
③マニアックな相場愛好家向け
④分析銘柄数は、為替・株式指数・商品など
  50銘柄を超える。
⑤特に最近では、ドル・カナダ、ドル・スイス、香港ドル・円
 など、マイナーなペアの為替分析も手掛ける。

ご興味ある方は青柳事務所まで

今週のテーマ

29日の東京市場は、焦点がぼかたダルい地合いで開始。

●今週のテーマ
①「ドル円で113円をつけるか」
②「ユーロの頭打ちから下値模索」
③「豪ドルの85円台が定着するか」
④「ポンド・ドルがどこまで崩れるか」
⑤「金(GOLD)は1オンス=732.0㌦で頭を打ったか」

●対策&戦略
①「ドル円は売り場探し=113円台があれば売り」
②「ユーロの日足の形態崩壊=急落リスク」
③「豪ドルは依然不安定=86円台は売り」
④「ポンド・ドルの日足崩壊=ポンド円の急落を念頭に」
⑤「円建て金の停滞=円高気味の流れの中、金ブームの一旦の終焉」

2006年05月26日

「ユーロ+金」のブームに陰り

本日のテーマは金(GOLD)+ユーロの関連性について

5月26日午前4時の会話
青柳「今日の市場はどう?」
Mr.湘南「暇で暇で...眠むってしまそうです」

青柳「ユーロは頭が重そう?」
湘南「ガッチリ固まってるようです」

青柳「金も1オンス=732.0ドルをつけてから急落だし...」
湘南「やっぱり関係ありますか?」

青柳「中国が絡んでの上昇だったから、連動するよな、ヤッパリ」
湘南「青柳さんが言ってたように、ユーロの日足が危ない」

青柳「急落の可能性ありってとこ。200Pは落ちるかも」
湘南「ポンド・ドルも崩れてきたから、早晩ってとこですか?」

青柳「暇だっていってるのは今のうちかもよ」
湘南「オオッ~ コワッツ」

2006年05月24日

「ポンド・円が変だ??」

5月24日:日本時間午前4時の会話

青柳「今日の市場はどうよ??」「おっと今日は元気そうで..」 

Mr.湘南(以下湘南=湘南地区に住まいする夜番の主担当=某社取締役)
「基本的には暇です」「ドル円の下が固いですね?」

青柳「客の動きは??」
湘南「相変わらず(円で)ドル買いがボツボツ...」

青柳「ユーロドルは??」
湘南「一旦頭打ちかナァ...お客さんには利食いをしてもらいました」

青柳「ポン円(ポンド円)が面白そうだけど?」
湘南「211円ありと見てますが、そこは売りでしょう...」
青柳「ポン円は相変わらずチョッピィで、怖いけどな」
湘南「でも突っ込むひとは突っ込みますから」
青柳「チャートをみながら対峙しないとナ」
湘南「その通りです。ファンダメンタルズがハッキリしない相場で、怖いですよネ」
青柳「でもポン円が旬といったところだよナ」


ご挨拶

始めまして青柳です。
以降は、世界の金融市場の現場から、”生の声”をお伝えしようと
考えています。

著名な個人向け為替仲介業者との会話を中心に、その日の金融
市場、特にロンドン、NY市場の生の声を”実況中継”形式でお伝え
しようと考えています。

ご期待下さい。

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント